江東区内の小中学校にてブラインドサッカー体験授業を担当しました

2月〜3月にかけて、江東区内の小中学校にてブラインドサッカー体験授業の特別講師をGLAUBEN FREUND TOKYOの選手・サポーターが担当いたしました。

児童・生徒のみなさんには、アイマスクをした状態での歩行や、ブラインドサッカーボールを使用したシュートなどを体験をしてもらいました。また、体験後には選手への質問コーナーや、日常生活で困ることなどをお伝えする時間を設け、視覚障害についての理解も深めていただけたかと思います。

参加していただいた皆さま、学校関係者様、Faroの皆さま、素晴らしい機会をいただきありがとうございました。


GLAUBEN FREUND TOKYOでは随時仲間を募集しています(^^)
プレーヤー、ゴールキーパー、ガイド、サポーター、コーチ、運営担当など、興味のある方はぜひご連絡ください!とりあえず1回ブラインドサッカーを体験してみたいという人も大歓迎!ご連絡・お問い合わせはこちらまで。

(Saori Matsuda)